Our Team

私たちのチーム/ Our Team

Sanae Kishimoto, MHS, MPH 岸本早苗
Founder, Clinical & Public health psychologist, Consultant

臨床心理士 マインドフルCARE®︎ 代表

京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 健康増進・行動学教室 博士後期課程 単位取得退学 客員研究員

京大マインドフルネス&セルフ・コンパッション研究会 共同発起人

米国系経営コンサルティングファームにて、経営コンサルタントとして、民間企業の経営戦略立案や合併人事制度設計のプロジェクト、中央政府の電子政府構築計画プロジェクト、国立及び民間の急性期医療機関の経営戦略立案及び業務構造改革プロジェクトに参画。産婦人科の外来・病棟での心理臨床を経て、ハーバード公衆衛生大学院  修士課程へ入学。

留学後、ハーバードメディカルスクールにて職員として勤務。ハーバードメディカルスクール関連病院チルドレンホスピタルボストン内のプロフェッショナリズム&倫理実践機関での研究マネジャーを経て、同メディカルスクール産婦人科教室/マサチューセッツ総合病院の産婦人科専任の医療の質管理者として、医療の質向上プログラムの仕組みづくりに従事後、帰国。

帰国後、現在は京都大学大学院医学研究科 健康増進・行動学教室で、クオリティ・オブ・ライフを高める遠隔オンラインマインドフルネス&コンパッションの介入効果を検証するため、ランダム化割付比較試験の臨床研究をハーバード大学と共同で行っている。

他、薬物療法の安全性や心理療法の効果に関するネットワークメタ解析について、オックスフォード大学やアテネ大学等との国際共同研究に参画。

マインドフルネスに関する略歴

ハーバードメディカルスクール勤務時より、マインドフルネスのトレーニングを受け始める。米国マサチューセッツ州 The Institute for Meditation and Psychotherapy (ハーバード精神科教室の臨床心理学者らによって創立されたプログラム) にて、2015年に日本人で初めてマインドフルネス&心理療法認定プログラムを修了。

マインドフルネス・ストレス低減法(MBSR)認定講師。2016年よりマインドフル セルフ・コンパッション(MSC) Trained Teacher。日本国内在住のMSC Trained  Teacher  は岸本1人(2019年度時点)。

2016年9月より、国内初のマインドフル セルフ・コンパッション(MSC)8週間プログラムを京都にて、また、2017年2月よりMSC及びMBSRの両プログラムを早稲田大学にて指導、MBSRやMSCの公式な8週間プログラムや、マインドフルネス&コンパッションのワークショップを国際機関、職能団体、大学、医療機関等で開催している。

2017年4月には、MSC の国内初2日間形式トレーニングをヒックマン臨床心理学博士(カリフォルニア大学サンディエゴ校マインドフルネスセンター長)とともに慶應病院で、

2018年11月9〜13日には国内初のMSC5日間集中プログラムを、プログラム創始者のクリス・ガーマー臨床心理学博士(ハーバード大学精神科講師)とともに京都・関西セミナーハウスで行った。

https://www.facebook.com/wiselovingnature

 

Christopher Germer, PhD
Advisor, MSC co-developer, Clinical psychologist

ハーバードメディカルスクール精神科教室、マインドフル セルフ・コンパッションMSC共同開発者

https://chrisgermer.com/

 

Susan Pollak, EdD
Advisor, MSC Certified teacher, Clinical Psychologist

ハーバードメディカルスクール精神科教室、Institute for Meditation & Psychotherapy プレジデント、マインドフル セルフ・コンパッションMSC認定講師

http://www.meditationandpsychotherapy.org/board-directors

本ウェブサイトに掲載している文や写真、動画などコンテンツの著作権は岸本早苗が保有しています。著作権者に無断での使用、複製、改変、転載などは固く禁止します。