メンバー

主要メンバー

代表
岸本早苗, MHS, MPH(くわしい略歴はこちら)
臨床心理士、公認心理師、公衆衛生学修士
京都大学大学院医学研究科 健康増進・行動学分野博士後期課程単位取得退学、客員研究員。
臨床心理学の修士課程を修めた後、外資系経営コンサルファームでの経営戦略・業務改革のプロジェクト従事、
産婦人科病院での心理臨床を経て、ハーバード公衆衛生大学院へ留学。卒業後、ボストンチルドレンホスピタルでの医療倫理・チーム医療コミュニケーションの教育・研究に従事、その後マサチューセッツ総合病院・ハーバード大学産婦人科の医療の質管理ディレクターとして勤務。ボストン在住時に、The Institute for Meditation and Psychotherapyでマインドフルネス&心理療法認定プログラムのトレーニングに参加。「マインドフルネスストレス 低減法」認定講師、「マインドフル・セルフ・コンパッション」認定講師。医療の質・安全の向上や、患者にとっても医療者にとっても思いやりのあるケア Compassionate careの仕組みづくりに注力。

 

エキスパート
竹島望, MD, PhD 
医師、医学博士、精神科専門医、精神保健指定医
京都大学大学院医学研究科 健康増進・行動学分野博士課程修了。
北里大学病院精神科にて研鑽を積んだ後、桜ケ丘記念病院、都立松沢病院、成増厚生病院などを経て、北林病院に勤務。2012年に京都大学大学院医学部研究科健康増進・行動学分野博士課程へ所属し、主に系統的レビュー・メタアナリシスの研究に従事。現在は北林病院副院長をしながら、大手アパレルや大手ディーラーの産業医としても従事。臨床や産業分野でマインドフルネス、セルフコンパッションを幅広く導入・活用している。厚生労働省の認知行動療法研修事業のスーパーバイザーも務めている。

 

早坂祐, MD, PhD
医師、医学博士、精神科専門医、精神保健指定医
京都大学大学院医学研究科 健康増進・行動学分野博士課程修了。

 

アドバイザー
Christopher Germer, PhD
Advisor, MSC co-developer, Clinical psychologist

ハーバードメディカルスクール精神科教室、マインドフル・セルフ・コンパッション共同開発者

https://chrisgermer.com/

 

Susan Pollak, EdD
Advisor, MSC Certified teacher, Clinical Psychologist

ハーバードメディカルスクール精神科教室、Institute for Meditation & Psychotherapy 前代表、マインドフル・セルフ・コンパッションMSC認定講師

http://www.meditationandpsychotherapy.org/board-directors

本ウェブサイトに掲載している文や写真、動画などコンテンツの著作権は岸本早苗が保有しています。著作権者に無断での使用、複製、改変、転載などは固く禁止します。