医療の質

医療事故後のリアクィブな対応だけではなく、普段の臨床場面からプロアクティブに医療の質向上に取り組むクオリティアシュアランス(quality assurance/clinical quality improvement programs)をおこなっています。患者・家族の視点を医療現場の臨床・教育・研究・管理に取り入れるPatient Family Advisory Councilのモデル化や、The Joint Commission(特に医師らの臨床パフォーマンスを評価するOngoing Professional Practice Evaluation OPPEやFocused Professional Practice Evaluation FPPE)の認定への支援もしています。