終末期医療における自己決定のために

医療従事者を対象に、患者と家族の心を支える医療のあり方の学際研究を推進する患者・家族メンタル支援学会。海と山の広がる神戸、秋晴れの日に、第4回学術総会(神戸市立医療センター中央市民病院)に参加しました。京都大学医学部附属病院 医療安全管理部 教授の松村由美先生、准教授の佐藤恵子先生のお力添えのもと、シンポジウム「自分の人生の最終段階を自分で考えたいとの願いに応えるために医療側ができることは ~終末期医療における自己決定の現状と課題~」に、岸本からは、米国医療機関勤務経験を通じ、ハーバード大学の関連病院チルドレンホスピタルボストン小児集中治療室から始まったチーム医療コミュニケーション教育プログラムの実際や、マサチューセッツ州でも始まった終末期医療に関する事前指示書の動向をシンポジストとしてご紹介。シンポジウムの最初に提議された「終末期の診療方針は誰が意思決定するのか~日本的な『患者家族中心』の意思決定の現状と問題点~」。米国の様子だけでなく日本での取り組みを知り、学び深い機会となりました。

Continue Reading