他者への思いやりへの礎・心理的安全

講師岸本の京大研究室の研究員の先生からのご縁でお会いした産業医かつ起業家の林 幹浩さん。産業医としてご活躍で、ご自身もアクセプタンス・コミット・セラピーなどを学ばれていて、マインドフルネスへの理解を深めていらっしゃるかたで、これからのますますのご活躍が楽しみです。8週間のマインドフル セルフ・コンパッションMindful Self-Compassion (MSC)に参加していただいてその感想を聴かせてくださいました。

Q: 沈黙の瞑想リトリートでの発見は?

A: リトリートでは、黙ったままで4時間、セルフ・コンパッションの瞑想を中心としたエクササイズをやりましたが、その中で私なりに大きな発見がありました。

いろいろなエクササイズの最後に、部屋の中を歩きながらラビング・カインドネスやコンパッションのメッセージを自分に対して言っていくというものがありました。

「私が幸せでありますように、私が苦しみから解放されますように」といったメッセージを心で唱えながら歩いていくように、というインストラクションがあって、そのあと最後のところで、「今部屋の中をみんなで歩いているけど、あなたの視界に入った、前にいる人に対して『あなたが幸せでありますように、あなたが苦しみから解放されますように』という風に思いましょう」というインストラクションがありました。

そのとき私にとって新鮮な発見だったのは、ずっとセルフ・コンパッションのワークをやってきて、その日の最後にそういわれたとき、非常にすっと、ストンとそういう風に思えたということです。自分へのコンパッションというプラクティスを経たことが、人へのやさしさや思いやりにとても自然につながっていったという経験をしたと言えると思います。

セッションの中でも、飛行機で酸素がなくなったときにおりてくるマスクを、まずお子さんにつけたいと思うお母さんに「まずは自分につけてください、それからお子さんに」とCAさんから指導を受けるというお話がありましたね。そのことと通じるところがあると思います。頭ではわかっていたつもりでしたが、自分の中にすとーん、とくると、ああそうなんだなと感じる経験をさせていただいたと感じています。

Q: その経験をしてみて、今いかがですか?

A: 私は、セッションを受ける前は「セルフコンパッションというのもねえ」というような印象がありました。自分に向けてっていうのがどういう意味があるのかわからないな、という状態でセッションを受け始めました。しかし、

自分に思いやりを向けて閉じてしまうということではなく、それが一つの礎というか基盤というか手掛かりのようなものとして大事なんだという感じが今はしています。

Q: セッションが進んでいく中で感じたことや発見したことは?

A: 「スージングタッチ」は思ったよりすごいなと感じました。いやぁ、そういうことをするかなぁ・・というふうに最初は思っていましたが、実際やってみると全然違いますね(笑)。

頭でどういうものかを理解するのと、自分でやってみることは違うなぁ、とあらためて感じました。

マインドフルネスは様々なことがらや思考を「受容」することを大切にしますが、これを「そうしなきゃ!」という感じではなくてやれるように、スージングタッチは、実際自然な姿勢でできるようになるための大きなヘルプになるやり方の一つなのではないかと思いました。

Q: MSCではグループでシェアする時間があります。それに対して感じこと?

A: グループでのシェアはとても大きかったと思います。同じワークをしてもそれぞれ感じ方やとらえ方はこんなに違うんだと気づく場面が多々ありました。シェアすることにウィリングな人たちと話すということがちゃんとしている場なんだなと感じられました。そういう風にファシリテートしていただいているからだと思います。

皆さん自分の中での苦しみやつらさを持っているけれど、自分にコンパッションを向けて、自分がどうつらいかということをある程度シェアしていこうとされている。サンガですね。みんながそれぞれそうしようとしていらっしゃるんだ、というところが「安心できる」場をつくっていた、心理学でいう「心理的安全性」をつくっていたのではないかと思いました。

Q: 講師に対して、こういうところがよかった、印象などあれば

A:リードの言葉のかけ方やトーン、時間の流れをつくるところなどさすがだなと思いました。

Q: 今後これからMSCを受けてみようかなと考え中の方へのメッセージをどうぞ

A:「自分への思いやり」と言葉だけで聞くと、自己満足するために何かやるのかというような印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここで行うことはそうではないとやってみてわかったように思います。

自分の中で自分は大丈夫なんだということを見出していくこと、それが一つの出発点であり、礎となるようにしてゆくということなのかなと思っています。自分に閉じてしまうのではなく、その先に展開していくものだというイメージでとらえられていいのではないかと思います。

 

 

 

Continue Reading

幸福のありか 自然・美・感謝

マインドフル セルフ・コンパッションの最後のセッション(セッション8 テーマは感謝・味わい 人生の包容)でいつもご紹介している動画です。セッション8であつかう内容とまさに深く通じるメッセージ。

MSCの度に、そして普段も時折、何度も見返しています。修道士のBrother Davidさんのメッセージも魂に響き、溶けます。

 

Continue Reading

マインドフル セルフ・コンパッション8週間プログラム(東京・広尾) 無事に終わりました

東京・広尾(パークサイド広尾レディスクリニック)でのマインドフル セルフ・コンパッション(Mindful Self-Compassion)8週間プログラムを終えました。

日本に帰国後、2016年から教えはじめて、私のMSC8週間プログラム5期生をおかげさまでお迎えすることができました。15名のかたと、8週間の勇気のいる心の探検旅をご一緒でき、お一人お一人に感謝しています。お申し込みをたくさんいただき、今回のプログラムではやむを得ずお断りをしなければならなかったみなさま、今回は残念でしたが、またの機会を心待ちに。ボストン在住時にお世話になった共通の友人を通じてお会いできたボストンつながりの明日香さん(パークサイド広尾レディスクリニック 産婦人科医)、素敵な場での開催実現をありがとうございました。

 

参加してくださったお一人お一人の変容を目の当たりにし、また、みなさまから学ばせていただくことに溢れていて感謝が尽きません。みなさま、一緒に安全で信頼できてホッとできる場・繋がりを育んでくださってありがとうございました。

11月、秋の京都でのクリス・ガーマー先生とのMSC5日間集中プログラムにお越し下さる皆さまとの再会も楽しみです。

 

Continue Reading

プログラム参加者の声

マインドフル セルフ・コンパッション(MSC)や、マインドフルネス・ストレス低減法(MBSR)に参加してくださった方々の体験談を紹介しています。どんなことをどんな雰囲気でしているのかなあ?なかなか想像しにくい方も多くいらっしゃるかと思います。少しずつご紹介をしていけたらと思います。声を聴かせてくださったみなさま、ありがとうございます。

セルフ・コンパッションを育むMSCは、五日間集中コースの申し込みを現在受付中です!

 

(2017年12月-2018年2月MSC開催場所 南蔵院)

 

Continue Reading

マインドフル セルフ・コンパッション(自分への思いやり)5日間集中プログラム 申込受付中

国内初・マインドフル セルフ・コンパッション (Mindful Self-Compassion MSC) 五日間集中プログラムへのお問い合わせをありがとうございます。

こちらから詳しいご案内とお申し込みをどうぞ。 (早期割引9月5日まで)

5日間プログラム

秋深まる美しい京都、比叡山の麓のしっとり静かな環境でマインドフルネスを土台に自分への思いやりを耕すひととき。

マインドフル セルフ・コンパッションのプログラム共同開発者のお一人、クリス・ガーマー先生(ハーバード大学 精神科教室 臨床心理士学者)と、国内在住MSC Trained Teacher 岸本早苗(前・ハーバード大学産婦人科教室、現・京都大学大学院医学研究科 臨床心理士、MSC Trained Teacher, MBSR Qualified Teacher)の2人で、通訳の方も迎えて日本語で開催します。

日本国内で、日本語で参加でき、ガーマー先生から直接学べる貴重な5日間。どうぞお越しください。

Continue Reading

京都大学でのマインドフルセルフコンパッション教室(開催のお礼とご報告)

京都大学健康科学センター・ヘルシーキャンパス主催にて、重松先生(スタンフォード大学)と岸本(京都大学)によるマインドフルコンパッション教室を京都大学医学部にて開催しました。おかげさまでご案内から数日で満席となり、マインドフルネス、ハートフルネス、コンパッションそして自分へのコンパッションも体感していただける素晴らしい時間を皆様とご一緒できました。参加者お一人お一人、重松先生、そして企画・主催にご尽力くださった京都大学ヘルシーキャンパスの皆さまに心からお礼を申し上げます。

開催報告はこちらからどうぞ。http://www.hoken.kyoto-u.ac.jp/…/2018-07-14mindful-compass…/

Continue Reading

スタンフォード・ハーバード大学のマインドフルコンパッション教室@京都大学

京都大学でマインドフルコンパッションの体験ワークショップを開催します。

日 時:2018年7月14日(土) 13:00~16:00

会 場:京都大学 吉田キャンパス 医学部構内 G棟 2階 セミナー室A地図参照:18番

主 催:京都大学ヘルシーキャンパス

講 師:スティーブン・マーフィー・重松(スタンフォード大学) 岸本 早苗(京都大学)

マインドフルネスが初めての方、歓迎 です

当日の内容(日本語)
・マインドフルネス の講義と体験
・セルフ・コンパッション (自分への思いやり・慈しみ)の講義と体験

お申し込み京都大学ヘルシーキャンパスホームページからどうぞ

ヘルシーキャンパス企画:「スタンフォード・ハーバード大学のマインドフルコンパッション教室@京都大学」

Continue Reading

円覚寺(北鎌倉)での瞑想会のお知らせ

スティーブン・マーフィー・重松先生(スタンフォード大学)と
岸本(京都大学)による1日ワークショップ&瞑想リトリートを行ないます。

日時:2018年7月7日(土曜)10:00〜16:00

場所:臨済宗大本山 円覚寺・龍隠庵(北鎌倉駅前)

これまで岸本早苗の8週間プログラム(マインドフルネスストレス低減法MBSR、マインドフル セルフ・コンパッションMSCどちらでも)やMSC2日間コアスキルトレーニング(慶應病院)にご参加くださったかたがたと、七夕の日にこじんまり静かなひとときをご一緒したいと思います。

席が残り少なくなっております。お申し込みをお待ちしております?

岸本とのプログラムにはお越しになっていないかたでも、マインドフルネスの実践を続けていらっしゃる方で、もしご参加の希望がございましたら、ご参加可能か検討をさせていただくため、マインドフルネスや瞑想の経験や、本リトリートへのご参加希望理由、本リトリートをご存知になった経緯について必ずお書き添えの上、以下リンクから事務局へお問い合わせください。席に余裕がある場合には若干名のご参加をお迎えしたいと思っております。

詳細およびお申し込みはどうぞこちらをご覧ください。

 

 

Continue Reading

大阪でのマインドフル セルフ・コンパッション

2016年から京都や東京で開催を重ねているマインドフル セルフ・コンパッションMindful Self-Compassion MSC。公式な8週間プログラムを、いよいよ大阪・高槻で2018年7月20日から開催します。お盆の頃はお休みです。

セッション1で、初めてのセルフ・コンパッション(自分への慈悲・思いやり)として基本となる講義と体験、セッション2でマインドフルネスの基礎セッション3でラビング・カインドネス 慈愛へと、体験と理解を段階的に深めます。

日常生活の中でゆっくりとマインドフルネスやコンパッションの実践の週をとっていただいてから、さらにセルフ・コンパッション(自分への慈悲・思いやり)を具体的に深めていく心のエクササイズ、セッション4へと続きます。

日程: 7/20, 7/27, 8/3,  8/24, 8/31,  9/7,  9/14,  9/21  すべて金曜(8/10, 8/17はお休み)

(4時間かけてじっくりおこなう任意参加の沈黙の瞑想リトリートは 9/16 日曜)

時間:18:30-21:00 (初回7/20のみ18:15-21:00)

会場:高槻市立総合市民交流センター (JR高槻駅から徒歩1分、阪急高槻市駅から徒歩8分)

9/16の沈黙の瞑想リトリートのみ、会場は重要文化財・旧三井家下鴨別邸 (京都)

(Shimogamo shrine)

出町柳駅から徒歩5分、糺ノ森・下鴨神社から徒歩5分

旧三井家下鴨別邸では、特別公開時のみ見学可能なお座敷を貸し切って、ゆったりと瞑想浴をしていただきます。

詳細のご案内はこちらからどうぞ。

お申し込みはこちらからどうぞ

Continue Reading

(申し込み受付中です)国内初 マインドフル セルフ・コンパッション集中プログラム開催します 2018/11/9〜11/14 京都

マインドフル セルフ・コンパッションMindful Self-Compassion (MSC)※のプログラム創始者 クリストファー・ガーマー臨床心理学博士(ハーバード大学メディカルスクール)を迎え、ガーマー先生と、国内在住唯一のTrained teacher岸本早苗(京都大学大学院医学研究科 臨床心理士)による、正式な五日間集中プログラム京都・関西セミナーハウス(修学院きらら山荘)2018年11月9日(金)晩から11月14日(水)午前にかけておこないます。

創始者のクリス・ガーマー先生をお迎えする国内初の貴重な機会。ぜひお越しください。https://chrisgermer.com/

連続した休みの取りにくい方も多くいらっしゃる日本での状況もふまえ、通常の5日間集中プログラムをさらに凝縮し、土曜・日曜の週末とあわせて月曜・火曜と丸一日参加していただき、水曜は午前なるべく早めに解散できるスケジュールでお届けできる予定です。

(関西セミナーハウスホームページより)

修学院離宮そば、比叡山の入り口に位置する関西セミナーハウス(修学院きらら山荘)は、しっとりとした静寂な環境です。できるだけ関西セミナーハウスに宿泊していただき、じっくりとマインドフルネス&コンパッションに溢れる秋時間をお過ごしください。思う

本集中プログラムは、8週間プログラム(週1回を継続)と同等のものとして、MSCでは正式に認められており、いずれ講師としてのトレーニングに参加することを希望なさる方には、参加要件の一つを満たすこととなります。

 

詳しいご案内とお申し込みはこちらからどうぞ。

5日間プログラム

MSCは、クリスティン・ネフ博士(セルフ・コンパッション自分への思いやり・慈しみを研究している心理学者)とクリストファー・ガーマー博士(マインドフルネスやコンパッションに基づく心理臨床を長年している臨床心理学者)により開発されたプログラムです。

Continue Reading