英国大使館・総領事館でのオンライン マインドフルネス&セルフ・コンパッション

英国大使館・総領事館の職員やご家族の方々とのオンライン マインドフルネス&セルフ・コンパッション。

心配な状況での在宅勤務やストレスが積み重なるなか、COVID-19 Japan Network Wellbeing Teamのオーガナイズのもと、毎週平日午後、お仕事の合間の30分間のマインドフルかつ思いやりのひとときをもっていただくシリーズを開催しました。

昨年は総領事館にて対面で行いながら、大使館の職員の方々とはライブ・オンラインで繋いで東京・大阪の職員の皆様とハイブリッドでご一緒していましたが、今回のシリーズでは、英国大使館・総領事館ともにオンライン。より多くの方がご自宅から参加でき、英語での開催となりました。

パソコンをみることからも離れ、

自分に立ち止まり、見つめる時間。

自分を思いやりながら、周りも思いやる。

ご家族や犬とともに、いたわりのひとときを過ごしてくださったかたもいらしたようです。

職員やご家族の方々のウェルビーイングを大切にする英国大使館・総領事館の取り組みに敬意と感謝を込めて。

 

私達マインドフルCARE®︎では、参加者の皆様の健康を第一に、自分への思いやりを通じて、他者への思いやりを大切にし、社会へ思いやりの行動をとっていく、というコンパッションの考え方やマインドフルCARE®︎の基本的指針に照らし、当面オンライン形式でのトレーニングを提供して参りますことをご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

 

 

Continue Reading

マインドフルネスストレス低減法8週間プログラム

大阪大学医学部キャンパス内でのマインドフルネスストレス低減法(Mindfulness Based Stress Reduction  MBSR)8週間プログラムを終えました。

全員の方が8週間を共に成し遂げて、皆様とセッション8を無事に迎えられたことを感謝しています。

他の参加者の方々の「完璧ではない」様子からこそ、お互いに洞察が深まり、まさに”Practice makes imperfect” マインドフルネスを練習すればするほど、自分や相手、物事が完璧ではないことを許容する力が耕されていた様子が印象的でした。MBSRのプログラムの持つ力や、心理的に安全で信頼できるグループ形式ならではの力を改めて感じました。

MBSRは普段の生活での実践や気づきこそが大切で、そこをサポートするものとして瞑想なども行ないます。

沈黙の瞑想リトリートは、秋景色の残る京都・下鴨の畳の上で静かに行ないました。ボディスキャンやマインドフル・ムーブメント、味わって歩く瞑想や、食べる瞑想、呼吸の瞑想など。木々を眺められる2階のお座敷にて。

 

オーガナイズをしていただいた阪大医学部保健学科の教員・院生の皆さま、参加してくださったみなさま、たくさんの学びをありがとうございました。MBSR8週間プログラムは7回目でしたが、初心に立ち戻り、こちらが教わることに溢れていて、最後の振り返りは感動のひとときでした。

 

Continue Reading

MBSRとMSCのどちらを先に受けようか お考え中のかたへ

マインドフルネスストレス低減法(MBSR)とマインドフル セルフ・コンパッション(MSC)。どちらを先に受講すべき、といった決まったものはありません。ご本人の状況によって柔軟に選んでいただくことができます。

マインドフルネスや瞑想が初めての方にとっては、マインドフルネスストレス低減法(MBSR)に先に参加して、マインドフルネス・気づきの土台をじっくりと耕して、ご自身がこれまであまり意識していなかった心身の習慣への気づきを深め、安定感を育んでから、マインドフル セルフ・コンパッション(MSC)に参加していただくことをすすめることがあります。これまで両方のプログラムに参加してくださった方々からも、「先にMBSRに参加しておくことでMSCの理解がより深まった」「MBSRを先に受けておきたかった」とフィードバックを受けることが多々あります。MBSRを先に受けていただく方がご本人にとって助けとなる場合もあります。

また、普段の生活や瞑想をする中で自己批判の傾向が強いと感じていたり、自分への思いやり、自分を慈しむ心にいま関心を強くお持ちだったりする場合には、MSCを受けていただくことも意味のあることです。自分が感じている苦しみと向き合う心のエクササイズも含まれるため、ご自身の現在の精神状態を見極めていただいた上で参加をしていただきます。

MBSRでは毎回のセッションでマインドフル・ムーブメント(ストレッチ程度の簡単なヨガ)をする時間があります。

両プログラム共に心理療法ではなく、グループで行う心理教育であることを理解の上、お申し込みください。ご参加にあたっては事前に選考がございます。それぞれのプログラム内容についてはこちらをご覧ください。
http://mindfulcare.jp/mindfulcompassion

MBSRとMSCを同時に両方受けることはすすめておりません。一つのプログラムの体験をじっくりと深めましょう。

Continue Reading

8週間プログラム日程のお知らせ(東京・広尾)

1年ぶりの8週間プログラムの開催。東京・広尾でのマインドフルネスストレス低減法(Mindfulness Based Stress Reduction: MBSR)とマインドフル セルフ・コンパッション(Mindful Self-Compassion: MSC)の8週間プログラムのスケジュールが決まりました。MBSRは6期生、MSCは9期生となるみなさまとご一緒できることを心待ちにしています。
事前にご参加いただくオリエンテーション及び8週間プログラムのお申し込みを近日中に開始いたします。

オリエンテーションは、体験ワークショップを兼ねています。残席があります場合、ワークショップのみ参加の方も歓迎です。

オリエンテーションではMBSR、MSC両方のご紹介や質疑応答を行います。オリエンテーションに参加してからどちらの8週間プログラムを選択するか決めていただくことができます。

体験ワークショップ兼オリエンテーション
5月12日(日)14:00 – 17:00

8週間プログラム
日付:
6月9日(日)~(半日の瞑想リトリート含め全9日間)最終日8月4日(日)予定
時間:
MBSR:13:00-15:30(初回のみ12:45-15:30)
MSC: 16:00-18:45(全8回共通)

開催場所はいずれも「パークサイド広尾レディスクリニック」です。参加者は男女問いません。
リトリートは近郊での開催を予定しています。

詳細はこちら

お申し込み方法は事務局より追ってご案内します。

(会場写真)

 

Continue Reading

8週間プログラム開催のお知らせ(東京・広尾)

2019年6月(毎週日曜・午後)から、東京・広尾でマインドフルネスストレス低減法(Mindfulness Based Stress Reduction:MBSR)とマインドフル セルフ・コンパッション(Mindful Self-Compassion:MSC)の8週間プログラムを開催する予定です。詳細は追ってお知らせいたします。5月後半頃にオリエンテーションを行う予定です。

Continue Reading

プログラム参加者の声

マインドフル セルフ・コンパッション(MSC)や、マインドフルネス・ストレス低減法(MBSR)に参加してくださった方々の体験談を紹介しています。どんなことをどんな雰囲気でしているのかなあ?なかなか想像しにくい方も多くいらっしゃるかと思います。少しずつご紹介をしていけたらと思います。声を聴かせてくださったみなさま、ありがとうございます。

セルフ・コンパッションを育むMSCは、五日間集中コースの申し込みを現在受付中です!

 

(2017年12月-2018年2月MSC開催場所 南蔵院)

 

Continue Reading

円覚寺(北鎌倉)での瞑想会のお知らせ

スティーブン・マーフィー・重松先生(スタンフォード大学)と
岸本(京都大学)による1日ワークショップ&瞑想リトリートを行ないます。

日時:2018年7月7日(土曜)10:00〜16:00

場所:臨済宗大本山 円覚寺・龍隠庵(北鎌倉駅前)

これまで岸本早苗の8週間プログラム(マインドフルネスストレス低減法MBSR、マインドフル セルフ・コンパッションMSCどちらでも)やMSC2日間コアスキルトレーニング(慶應病院)にご参加くださったかたがたと、七夕の日にこじんまり静かなひとときをご一緒したいと思います。

席が残り少なくなっております。お申し込みをお待ちしております?

岸本とのプログラムにはお越しになっていないかたでも、マインドフルネスの実践を続けていらっしゃる方で、もしご参加の希望がございましたら、ご参加可能か検討をさせていただくため、マインドフルネスや瞑想の経験や、本リトリートへのご参加希望理由、本リトリートをご存知になった経緯について必ずお書き添えの上、以下リンクから事務局へお問い合わせください。席に余裕がある場合には若干名のご参加をお迎えしたいと思っております。

詳細およびお申し込みはどうぞこちらをご覧ください。

 

 

Continue Reading

マインドフルネス&コンパッション体験ワークショップに参加しませんか?(東京・広尾)

(雨のあと あじさい)

7月半ばから開催する8週間プログラム(マインドフルネス・ストレス低減法MBSR、マインドフル セルフ・コンパッションMSC)に先立ち、体験ワークショップを兼ねたオリエンテーションを東京・広尾にて開催いたします。

体験ワークショップでは、8週間プログラムにご関心のある方も、また今回は体験ワークショップのみの参加を希望なさる方も気楽にご参加いただけます。

日時:7月1日(日曜)13:30-16:30 13:20開場
会場:パークサイド広尾レディスクリニック
   東京都港区南麻布5-1-11 Qiz広尾3階
   日比谷線広尾駅4番出口より徒歩3分

体験ワークショップ、8週間プログラム共にクリニックの診察時間外に行います。男女問わずご参加歓迎です。

内容:マインドフルネスの簡単な説明
   MBSRで行う実践内容や瞑想の一部体験
   セルフ・コンパッション(自分への思いやり、自慈心)の簡単な説明
   MSCで行う実践や瞑想の一部体験
   8週間プログラムの概要説明、質疑応答
講師:岸本早苗
          (MBSR Qualified Teacher MSC Trained Teacher
          臨床心理士 京都大学大学院医学研究科 健康増進・行動学教室所属)
参加費:3,000円 (当日お持ちください)
持参物
 楽な格好でお越しください。
 水分補給のできるものを適宜お持ちください。
 ワークショップの感想をお聞きするかもしれませんので、ペンをお持ちください。
立ったままストレッチはしますがヨガはしません。瞑想は椅子に座っておこないます。

体験ワークショップへのお申し込みはこちらからどうぞ  https://goo.gl/forms/LoiGAHcbRUu15o9u1

8週間プログラムのご案内はこちらからどうぞ

Continue Reading

マインドフルネスの実践(連載記事)

メディカル・プリンシパル社の医療情報誌 Nurse Partnersにて、岸本早苗によるマインドフルネスやコンパッションの連載をしております。夏7月号では、「マインドフルネスの実践」をテーマに普段の生活で実践できるものを一部ご紹介しました。

 

Continue Reading

マインドフルネス & コンパッションの実践プログラムに参加しませんか?

米国で正式なトレーニングを受けている講師 (岸本早苗)により、2018年7月〜9月に、

公式なマインドフルネスストレス低減法MBSRとマインドフル セルフ・コンパッションMSCの8週間プログラムを日本語で開催します。

両方あわせて正式な講師課程を受けている日本在住の講師は岸本一人です  (MBSR Qualified Teacher, MSC Trained Teacher)。帰国後、2016年から公式なプログラムを教えています。

グループで、週に1回、1回2.5時間程度のセッションを計8回、後半に半日の瞑想リトリート。じっくりと体験を重ねます。  初心者、大歓迎。

(Beacon Hill, Boston MA)

マインドフルネス(原語の英訳はmindfulness 和訳は今こころと書いて念)がなぜメンタルヘルスに効果があるのか?を検証した系統的レビューで、セルフ・コンパッション(自分への思いやり・慈悲、自分を慈しむ心)がキーの要素であることが研究で実証されています。

詳細はこちらからどうぞ

Continue Reading