セルフ・コンパッションは既に自分の内側にあるもの 育めるもの

マインドフル セルフ・コンパッション(Mindful Self-Compassion MSC)8週間プログラムにお越し下さったAさん。8回のセッション(週に1回)と後半の沈黙の瞑想すべてに参加してくださいました。体験の感想を綴ってくれたBさん。Bさんとは、オリエンテーションでお会いした時から真摯でオープンな態度でMSCにお越しくださっていて、着実に変容なさっている姿が印象的でした。

お一人お一人それぞれに変容のプロセスやペースがあります。セルフ・コンパッションを自分に与えることは、苦しみと直面したり、様々な心の動きが立ち現われることもあるため、生易しいものではなかったと思いますが、「自分自身に嘘をつかず、逃げずにプログラムを終えることができた」と語るAさんの気づきや内面の強さに敬意と感謝の気持ちです。

(MSC会場 パークサイド広尾レデイスクリニック)
“普段ITサポートエンジニアとして働いていますが、ストレスから体調を崩したり、休職される方が増えてきていると感じています。自分自身にも起こりうることであり、他人事とは思えなかったため、様々な心理学に関する本を読みました。その中で「マインドフルネス」や「セルフ・コンパッション」が含まれていたので、MSCに参加する前に「セルフ・コンパッション」について、言葉としては知っていました。
ただ、本を読んだ時には、セルフ・コンパッションは「自分の内側に元々備わっていない、もしくは足りないもの」で、「専門家の方達だけができる特別なテクニック」のように捉えていました。

MSC8週間プログラムに実際に参加して、セルフ・コンパッションは、「外から得るもの 」ではなく、「もうすでに自分の内側にあるもの 」で、「育んでいくもの 」なのだということに気づきました。また、グループワークやホームプラクティスの中での体験から、「セルフ・コンパッションは育めるものなのだ 」ということを、少しずつではありますが、実感することもできました。” (一部抜粋)

マインドフル セルフ・コンパッション

You may also like