MBSR発祥の地 マサチューセッツ州

マインドフルネス・ストレス低減法 (Mindfulness Based Stress Reduction MBSR)が1979年に始まり、その後マインドフルネスそしてコンパッションの実践や研究が活発なマサチューセッツ州。ジャック・コーンフィルド臨床心理学者らによって1976年に創設されたInsight Meditation Societyや、 ラリー・ローゼンバーグ心理学者によって1985年に創設されたCambridge Insight Meditation Center もある地。どんな州でしょうか?

(マサチューセッツ州ボストン)

米国の北東部、ニューイングランドNew England地方と呼ばれるエリアの海沿いに位置するマサチューセッツ州Massachusetts。

イギリス植民地から米国が独立する際の象徴的な出来事のひとつとなったボストン茶会事件Boston Tea Partyでも知られるこの土地は、イギリスの植民地時代の名残を感じさせる佇まいとともに、多様性を尊重し受け容れ、新しいものを取り入れ、生み出す力のある風土をより濃くもっているように感じます。

(ボストン・コープリースクエア)

ジョンFケネディ元大統領が住んでいた土地でもあり、マサチューセッツ州は民主党を支持するリベラルな州として知られています。2015年からは全ての州で同性婚が合法的に認められましたが、それに先駆け、マサチューセッツ州は2004年に米国で最初に同性婚を法的に認めた州でした。日本の皆保険制度とは仕組みは異なるものの、皆保険が始まった最初の州でもあります。

ボストン界隈はこじんまりとした街ではありますが、全米の病院ランキングでジョンズ・ホプキンズ病院と1位を競い切磋琢磨しあっているマサチューセッツ総合病院Massachusetts General Hospital(MGH)などハーバードメディカルスクールの関連病院をはじめ、医療や教育、研究、ビジネス、非営利事業等の分野でリーダーシップを発揮する機関が集結しています。マサチューセッツ州を含むニューイングランド地方は、米国の健康ランキングでも上位を占める州で構成されています。

大学では、米国最古の大学であるハーバード大学や、ジョンカバットジン博士(マインドフルネス・ストレス低減法 Mindfulness Based Stress Reduction MBSRの開発者)が分子生物学の博士課程を修めたマサチューセッツ工科大学、カバッドジン博士が創設したマインドフルネスセンターのある州立のマサチューセッツ大学、国際関係の専門大学院として米国最古のフレッチャースクール等、多数の特色ある学校が集まっています。米国最古の公立小学校や公立高校、女子大学もマサチューセッツ州で創立されました。芸術やスポーツもさかんで、ボストン交響楽団、ボストンバレエ団、ボストンレッドソックス(野球)等では日本人の活躍もみられます。

州によっても文化が異なる米国の中で、東洋の智慧、マインドフルネスを幅広い世代や領域で学び試してみようとするオープンな姿勢や理解、科学的に実証しようとする探究心やコミットメントは、マサチューセッツ州の持ち前の文化を反映しているように思います。

 

(文・写真 Sanae Kishimoto)

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です