英国大使館・総領事館でのオンライン マインドフルネス&セルフ・コンパッション

英国大使館・総領事館の職員やご家族の方々とのオンライン マインドフルネス&セルフ・コンパッション。

心配な状況での在宅勤務やストレスが積み重なるなか、COVID-19 Japan Network Wellbeing Teamのオーガナイズのもと、毎週平日午後、お仕事の合間の30分間のマインドフルかつ思いやりのひとときをもっていただくシリーズを開催しました。

昨年は総領事館にて対面で行いながら、大使館の職員の方々とはライブ・オンラインで繋いで東京・大阪の職員の皆様とハイブリッドでご一緒していましたが、今回のシリーズでは、英国大使館・総領事館ともにオンライン。より多くの方がご自宅から参加でき、英語での開催となりました。

パソコンをみることからも離れ、

自分に立ち止まり、見つめる時間。

自分を思いやりながら、周りも思いやる。

ご家族や犬とともに、いたわりのひとときを過ごしてくださったかたもいらしたようです。

職員やご家族の方々のウェルビーイングを大切にする英国大使館・総領事館の取り組みに敬意と感謝を込めて。

 

私達マインドフルCARE®︎では、参加者の皆様の健康を第一に、自分への思いやりを通じて、他者への思いやりを大切にし、社会へ思いやりの行動をとっていく、というコンパッションの考え方やマインドフルCARE®︎の基本的指針に照らし、当面オンライン形式でのトレーニングを提供して参りますことをご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

 

 

Continue Reading

ケンブリッジ・インサイト・メディテーション・センター

米国マサチューセッツ州にあるケンブリッジ・インサイト・メディテーション・センター(Cambridge Insight Meditation Center: CIMC)では、これまで対面でのみ提供していたプログラムを今オンラインで開催しています。日本からも参加が可能です。
私自身、ボストン在住時にCIMCに通い、ヴィパッサナー瞑想、生き方・ありかたを真摯に実践し伝えるラリー・ローゼンバーグ先生(CIMC創設者)やCIMCの先生方との出逢いは今も糧になっています。
ラリーはハーバード大学でも研究を行っていた社会心理学者で、郊外のリトリートセンターへ出かけられる時だけではなく、日々の生活の中でもヴィパッサナー瞑想など仏教の哲学の実践を人生の知恵として、共に継続できる場をという想いから、CIMCを35年前に設立しています。
マサチューセッツ州ケンブリッジは、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学などがあり、CIMCは大学や最寄駅から歩いてすぐの街中にあります。
CIMCでは、英語になりますが、初心者やヴィパッサナー瞑想実践者が気楽に参加できる単発での瞑想のひとときや、継続プログラム、いろいろなテーマで開催なさっています。ご関心のあるかたはセンターへ直接お問い合わせください。
ラリーの本「呼吸による癒し―実践ヴィパッサナー瞑想」 (訳 井上ウィマラ) 、「目覚めへの3つのステップ: マインドフルネスを生活に生かす実践」(訳 藤田一照) どちらも知見溢れる両先生の翻訳による良書です。
Continue Reading

京大での遠隔マインドフルネス臨床研究

京都大学大学院医学研究科 健康増進・行動学教室では2016年より、アトピー性皮膚炎患者さんへの遠隔オンライン・グループ形式のマインドフルネスおよびセルフ・コンパッションの臨床研究の準備をはじめ、予備試験を経て、エビデンスの質の高いランダム化比較試験を行なっています。参加協力者を募集中です。

患者さんのクオリティ・オブ・ライフ(生活・人生の質)向上につながる治療への貢献を目指し、アトピー性皮膚炎をもつ患者さんやご家族、アトピーや臨床研究、マインドフルネスを専門にする大学教員、医師、臨床心理士によるチームが実施しています。

詳細内容やご参加協力への申込みはこちらから。京都大学 アトピー性皮膚炎への遠隔マインドフルネス臨床研究 

Continue Reading

マインドフル セルフ・コンパッション with クリス・ガーマー&岸本早苗(2018)

ハーバードの産婦人科での医療の質管理者の仕事を退職し、帰国してもうすぐ5年を迎えます。2018年秋に、ハーバードでの恩師クリス・ガーマー先生と、日本でマインドフル セルフ・コンパッションMindful Self-Compassion (MSC)をco-teachさせていただく機会に恵まれました。
5日間集中プログラム実行委員としてご尽力・ご助言をいただいた医師・看護師・臨床心理士の方々や、事務局運営をリードしていただいた鳥羽瀬有里さん、素晴らしい通訳をしてくださった海老原由佳さん、5日間集中プログラムにお越しくださった皆さまお一人お一人に心から感謝しています。
クリスとのMSC5日間集中プログラムにお越しくださった方の中から3名の方が、講師となっていくトレーニングに新たに今月参加されたとのこと。おめでとうございます。皆さまの門出を祝うとともに、MSCにご関心のあるかたが国内で受講できる機会がさらに広がっていくことを願っています。

Continue Reading

「リシェス」 心・体・肌を清めて美しく〜心と脳を清める

Richesse(リシェス:ハースト婦人画報社)No.30 の中での「心・体・肌を清めて、美しく」でマインドフル セルフ・コンパッションについて取材をしていただきました。『最高の休息法』の著者で精神科医の久賀谷亮先生は脳の休息について、岸本は心の強さが高まるセルフ・コンパッションについて紹介しています。

Continue Reading

多文化間精神医学会

多文化間精神医学会(大会長 京都大学精神医学教室 村井俊哉教授)にてスティーヴン・マーフィー重松先生(スタンフォード大学医学部「ハートフルネス・ラボ」主宰・臨床心理学博士)の特別講演「Mindfulness in Japan and United States」で上床輝久先生とともに岸本も座長を務めさせていただきました。


ご講演の中で、米国での医療従事者への教育としてご紹介された以下のお話がとても印象的でした。

ハーバード関連病院マサチューセッツ総合病院(Massachusetts General Hospital:MGH)でアフリカ系アメリカ人としては初めて教授になったChester Pierce医師(精神科医)は、医療従事者が患者と向き合い、相手を理解していくための重要な方法は、まず、医療従事者自身が自分自身を知り、自分の体験を理解することだと教えていたというお話。

そして、Richard Katz博士(ハーバード大学・臨床心理学者)は、間違いが起きて悩む医療従事者に対して、間違いをおかすこと自体はOK、間違いから学ぼうとオープンになること、そして自分自身のヴォルナラビリティ・自分の持っている弱さに気づき受容していくことが大切だと説いていたというお話でした。

私自身、ボストン在住時にMGH産婦人科で医療の質・患者安全の管理者として働いていた中で、仕事として関わっていたことと、今回のご講演での学びには重ね合わせることが多々ありました。

重松先生のご講演では奥様のマーフィ重松ちなさんにもご尽力をいただき、すばらしいご講演のひとときとなりました。ハートフルなご講演をありがとうございました。

 

Continue Reading

マインドフルネスストレス低減法8週間プログラム

大阪大学医学部キャンパス内でのマインドフルネスストレス低減法(Mindfulness Based Stress Reduction  MBSR)8週間プログラムを終えました。

全員の方が8週間を共に成し遂げて、皆様とセッション8を無事に迎えられたことを感謝しています。

他の参加者の方々の「完璧ではない」様子からこそ、お互いに洞察が深まり、まさに”Practice makes imperfect” マインドフルネスを練習すればするほど、自分や相手、物事が完璧ではないことを許容する力が耕されていた様子が印象的でした。MBSRのプログラムの持つ力や、心理的に安全で信頼できるグループ形式ならではの力を改めて感じました。

MBSRは普段の生活での実践や気づきこそが大切で、そこをサポートするものとして瞑想なども行ないます。

沈黙の瞑想リトリートは、秋景色の残る京都・下鴨の畳の上で静かに行ないました。ボディスキャンやマインドフル・ムーブメント、味わって歩く瞑想や、食べる瞑想、呼吸の瞑想など。木々を眺められる2階のお座敷にて。

 

オーガナイズをしていただいた阪大医学部保健学科の教員・院生の皆さま、参加してくださったみなさま、たくさんの学びをありがとうございました。MBSR8週間プログラムは7回目でしたが、初心に立ち戻り、こちらが教わることに溢れていて、最後の振り返りは感動のひとときでした。

 

Continue Reading

アトピーへの遠隔マインドフルネス臨床研究

京都大学では、アトピー性皮膚炎の患者さんに自宅から参加できるオンライン・グループ形式のマインドフルネスや自分への思いやりのプログラムを臨床研究として提供しています。18歳以上の患者さんでご関心のある方は、スマイルスタディのウェブサイトをご覧ください。

Continue Reading

マインドフル セルフ・コンパッション8週間プログラムを終えました

マインドフル セルフ・コンパッション(Mindful Self-Compassion MSC)8週間形式のプログラムでは7回目。7回目は京都で開催し、京都大学マインドフルネス&セルフ・コンパッション研究会(精神科医 上床輝久、臨床心理士 岸本早苗 共同発起人)のメンバーも参加しました。2016年に国内で初めてMSC8週間プログラムを開催した際に場をお借りしたmanjuさんにて。瞑想のリトリートでは秋晴れの京都御苑を散策しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

半数近くは以前の8週間や5日間形式の受講者が申し込んでくださいました。初回の懐かしいメンバーでお届けできたことや、1年〜3年を経て再度受講してくださった方とMSCの旅をまたお供できたこと、そして新たにMSCを知ってくださった方との出会いに感謝しています。

感情を揺さぶられることもあるセッションの中で、休憩時間はホッとできるひととき。毎回手作りのお菓子を差し入れてくださったパティシエの方や、あたたかい出来立てハーブティーなどを用意してくださったmanjuさん、ありがとうございました。参加者の皆さんにとって、小腹が満たされ、心が満たされ和む、かかせないひとときとなりました。

 

 

自分を知り、そのままの自分を受け容れることができた。こんなにも心を開いて安心できるとは思わなかった。

安心して、コアバリューに沿った人生を生きられる。

と参加者の方からフィードバックをいただきました。参加者皆さんや講師とともに信頼できて安心できるグループ文化を育てながら8週間の自己探検の旅を続けるMSC。

MSCの講師トレーニングを受ける方がこれからも少しずつ増え、国内でもMSCに興味を持ってくださる皆さんにとって受講できる機会が増えていくことを願っています。

Continue Reading
1 2 3 6